アルプス動物病院 News

トリマー・医師スタッフが
交代で更新しています!

News

糞便検査について

2014年10月14日

こんにちは!獣医師の椛嶋です。

今日は糞便検査についてご紹介します。
糞便検査にもいろいろな方法がありますが、当院ではとても簡単な直接法という方法を行っています。

読んで字のごとく、糞便をとってきて、直接顕微鏡で見ます。



↑このような道具を使用します。

まず、青い棒で肛門から直腸の便を直接採取します。その時、滑りやすいように、右側にあるキシロカインゼリーをつける場合もあります。
その後、つまようじを使って便を左側にあるスライドグラスにのせます。
水を一滴たらして、つまようじで便をふやかし、カバーグラスをかけたら完成です。
あとは顕微鏡でのぞくだけ。

この検査で、腸内に寄生する虫(の卵)がいるかどうか、腸内細菌のバランスは大丈夫か、消化はできているのかなどを調べることが出来ます。

簡単な検査なので、当院では最もよく行っている方法です。

もしもお家のワンちゃんネコちゃんのお腹の調子が悪そうであれば、お早めにお越しください。

カテゴリー:

お問い合せはこちら

027-322-1286

Call me!