アルプス動物病院 News

トリマー・医師スタッフが
交代で更新しています!

News

* 熱中症に御注意! *

2015年08月05日

こんばんは(^Å^) 看護師の深澤です☆

連日の暑さに悩まされますね(><;)
今日は熱中症のお話です☆

この時期に恐ろしいのは・・・『熱中症』

初期症状は、はげしいあえぎ呼吸と、それにともなう大量のよだれです。また、直腸体温が40~41度に上昇し、脈拍がはやくなり、口の粘膜が鮮紅色に染まります。
そのまま放置すると、血液のまじった嘔吐や下痢、痙攣を引き起こし、血圧が低下、心音も弱まり、呼吸不全になります。最後には、ショック症状をおこし、意識がうすくなる、眼球が異常な動きをみせるなどの症状をへて、ついには死にいたります。

このような症状が出たら当院にご連絡下さい☆

応急処置としては、すぐに風とおしのよい場所に移すか、それができない場合には、窓をあけるなどして、換気をしてあげます。
次に水をかけたり、水をいれた浴槽につけたり、水でぬらしたタオルを体にかけたりして、体温を下げる工夫をします。口のよだれをぬぐって、呼吸しやすくしてやり、犬が水をほしがったら、どんどん飲ませてあげてください。


カテゴリー:

お問い合せはこちら

027-322-1286

Call me!