アルプス動物病院 News

トリマー・医師スタッフが
交代で更新しています!

News

イヌ、人、受験生滑らないように・・・!

2016年01月20日

日本列島来てますね~大寒波!
つい先日までゲレンデにも雪がなくリフト下が丸裸だったのに。。。
どうしたこっちゃ(T_T)まっしろけっけです。



こんにちは、次回のゲレンデは期待している看護師 大和です♪


アイスバーン+新雪で大変滑りやすい状態ですね。先ほども、患者さんから 肩の骨折・手首の脱臼と痛々しいお話を伺いました。


わんちゃんにとっては、このアイスバーンと同じ現象が自宅のフローリングで起きてしまいます。



活発な子は、走り回って
スッテンコロリン♪
高齢の子は、立ち上がろうとして
スッテンコロリン(/_;)




その後に、キャンと泣いて跛行していたら冷や汗ものですよね。
・・・・・でも、実はけっこう多いんです。



・膝蓋骨内方脱臼(膝のお皿が内側に落ちてしまう)
・腰痛 椎間板ヘルニア
・前十字靭帯断裂 部分断裂
・股関節亜脱臼




筋を痛めるだけでなく、大けがにもなりかねません。
まさか、、、、なんてことになる前に、今一度フローリングの滑り止めをお願いします。


ちなみに、我が家は足腰の弱った高齢犬仕様で、
数年前から取り外し可能で洗濯ができる敷物を全面敷き詰めました。

曲がり角のコーナーだけでも効果的ですよ。
起き上がりが全然違います(^^)v


それから定期的に爪切りと足裏の毛のカットをしています(^^)v



いつもより動きが悪くなった、食欲が落ちた、足をハコウするなどの症状が出た場合は、なるべく体を平行にして


*縦抱っこは背骨・腰に負担がかかるからNG! ↓↓↓これだめですよ~ 






*横抱っこ、↓↓↓これが正解です♪








ご自宅では安静にし、来院してください!


人間もワンちゃんも受験生も・・・
滑りませんように\(^o^)/

カテゴリー:

お問い合せはこちら

027-322-1286

Call me!