アルプス動物病院 News

トリマー・医師スタッフが
交代で更新しています!

News

タマネギ中毒について

2017年05月22日

獣医師の椛嶋です。

最近、タマネギやネギの入った食べ物を食べてしまい、嘔吐して来院するワンちゃんネコちゃんが多いように感じます。

皆様、タマネギ中毒はご存知でしょうか。

人間にとって害の無いタマネギですが、
ワンちゃんやネコちゃんにとっては有害です。

初期症状としては嘔吐や下痢がありますが、
怖いのは食べてから数日経ってからの溶血性貧血です。
症状としては血尿(ヘモグロビン尿)が出てくることがあります。
少しずつ赤血球を破壊して、貧血が1週間くらいかけて進んでいきます。
最悪の場合、輸血が必要になることもあります。

ネギの毒素は、火を通しても不活化しないため、調理済みの食べ物でも中毒になります。

例えば、カレーライス、ハンバーグ、野菜炒めなど(タマネギ、ネギ、ニラ、ニンニク入りの物)を食べても、中毒になる場合があります。

万が一食べた可能性がある場合は、早めに病院へいらしてください。

食べたばかりであれば、吸収される前に吐かせる処置ができます。

時間が経っている場合は、点滴や、嘔吐止めの注射、吸着剤の内服など少しでも毒素を出し、症状を緩和する処置をします。

ワンちゃんネコちゃんが口にする物には十分にお気をつけ下さい。

 
カテゴリー:

お問い合せはこちら

027-322-1286

Call me!